スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
アンコールトムで恐怖体験?
2日目・・・朝5時半にモーニングコール、そして6時には部屋に軽い朝食が届きます。

前日に頼んでおいたフルーツ、カフェオレ、ペストリーなどを平らげて、
ホテルのトゥクトゥク(バイクの引き車)で出発。

連日40度近いと聞いていたので、長袖を一枚も持ってこなかった私、朝一のトゥクトゥクで、
悲鳴をあげました。異常気象で涼しかったのですが、トゥクトゥクに乗ると、寒いの何の!
ストールを被って耐えしのぎましたが、いや〜寒かった。
さらにひどい土埃。マスク&サングラスは必需品です。

まずは、観光に必要なチケットを購入しに行きます。
ゲートで写真を撮られ、この写真を入れた3日間有効な観光パスは40US$。
どこの遺跡に行くにも、この(朝イチのひどい顔写真付きの)パスが必要です。
*カンボジアでは、普通にUSドルが流通していて、旅の間一度も、
 USドル以外の表示を見かけなかった。現地の通貨はどこに・・・?

最初の遺跡は大きな都、アンコールトム。

トゥクトゥクで20分、木の生い茂る森の砂道を15分ほど歩くと、遺跡タ・ネイが現れます。
小さな遺跡は今にも崩れそうな様子に見えます。


続いてこの日一番の難所、タケオの遺跡へ。

さっそく子供が絵ハガキを手に「1ドル、1ドル〜」と売りに来ます。
こんな小さい子供が商売してるなんて、日本では考えられない。
しかも、こんな早朝から!学校は行ってないのか?

カンボジアでは、どこの遺跡に行っても、子供の売り子達が寄って来ます。
ハガキや笛などを持って「オネエサン、カワイイ。イッコ、1ドルぅ、イッコ1ドルぅ〜」
子供の必死な様子につい買ってしまうと、途端に他の大勢の子供たちが寄って来て、
口々に「1ドル〜1ドル〜」と取り囲まれます。
逃げるようにトゥクトゥクに乗り、その場を去るのですが、
子供達のすがりつくような様子を見てると切ない気持ちになりました。



この遺跡は石段がもの凄く急で(幅が狭いのに、段差は高い)手すりも無いので、横の岩壁につかまりながら、
登ってゆきます。高いところ大好きな私でも、この石段はかなりの恐怖。


のぼりよりも怖いのが下り。すたすた降りるガイドさんに続いてへ〜こら、へ〜こら、壁伝いに降りていきます。
この時点でかなりの運動量で、まさにトレッキング気分です。下まで降りると足が汗でびっしょり。
降りる時の緊張で冷や汗をかいていたらしく・・・。

下で待っていたトゥクトゥクに戻り、冷たいミネラルウォーターを差し出されほっと一息。
勝利の門まで移動します。


勝利の門です。顔の彫刻が綺麗に残っています。
この後、さらに歩いて、いくつか遺跡を見て、ホテルに戻ります。

11時頃〜二度目の朝食。
お天気がいいので、ダイニングの外のテーブルでお日様を浴びながら。

リコッタパンケーキ、フルーツプレート、友人はフレンチトースト。
ジュースは注文してから絞ってくれるみたい。アップルジュースが信じられない美味しさです。

満腹したら部屋で一息。しかし、1時からスパの予約をしたので、シャワーを浴びてスパへ急ぎます。

スパはホテルの入り口付近にあり、宿泊しなくても利用可能です。
私たちはカンボジア風のオイルマッサージ90分(150$)を受けました。

スパのロビーです。

全身のオイルマッサージなのに、なぜか私の担当者は男性!
一瞬焦りましたが、「きっと、この人おねえだわ!」と思い込むことにしました。

施術が始まると、痛気持ちよくって、うっと〜り。
今朝のなれないトレッキングで緊張していた筋肉をゆっくりたっぷりほぐしてもらいます。
このお蔭で、足腰の疲労感がスッキリ!足が軽くなりました。
マッサージ後は別室でお茶を頂きながら余韻に浸ります。

しかし、3時には再びガイドさんが迎えに来るので、
あまり呑気にもしておれず、そそくさとスパをあとに。


着替えを済ませ、再びトゥクトゥクで、出かけます。
アンコールトムの西の門から、森の中を歩いて寺院や空中の宮殿「バプォーン」を訪ねます。
これまた石段の上り下りが続きます。
朝の石段ほどではないにせよ、結構な角度でした。


有名なバイヨンでは、たくさんの巨大な観音菩薩像をみて歩きます。
大きな観音様の顔を見るのを楽しみにしていたのですが、この遺跡中、顔だらけ。
一体、どの顔を見ればいいのやら(笑)

森を歩いて歩いて・・・再びトゥクトゥクに戻り、ホテルに帰ります。
スパ・マッサージでほぐしてもらったばかりの筋肉が再びパンパンに(泣)

お腹もペッコペコです。
ディナーは洋食にしました。

きりきりに冷えたモヒート(ラム、ミントの葉、炭酸、ライムのカクテル)でのどを潤し、
トムヤムクン風のコンソメスープ、
ラムのロースト 焼き野菜添え、どちらも美味しくって完食。
デザートはメレンゲとマスカルポーネのケーキ。



翌朝はアンコールワットで日の出を見る!というプランでしたが、
ディナー中に、残念なお知らせが。
「明日は朝日でない。」うっそぉ?と思いましたが、
雲っていて見えないって意味なんでしょうね。

5時半からの日の出を見るツアーは中止で、普通に6時半からの観光となりました。
遺跡で見る日の出をとても楽しみにしていた私たち。
このお知らせには本当にがっかりでした。

夜、床についても筋肉痛でなかなか寝付けず・・・。
普段の運動不足が悔やまれる夜でした。


次回に続く。


JUGEMテーマ:ファッション


| otc-web | 雑談系。ペットとか旅とか。 | 03:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 03:32 | - | - | - | - |









トラックバック機能は終了しました。